無印良品の家

【戸建て】東北地方でも施工可能なハウスメーカーの検討

投稿日:2017年8月1日 更新日:

住宅について、よくわからないままハウスメーカーはどんな物があるのか探してみました。自分ができる比較対象は実家の積水ハウス。展示場と同ランクのモデルで築20年ほどになります。自分が住んでいたのは5年ほど。良い所と悪い所もなんとなくですがわかります。20年が過ぎ修繕が必要になってきている部分もあり、東北地方ではここが痛みやすいという箇所もわかっています。

積水、ダイワ、ヘーベルなどのハウスメーカーはとても高価なイメージ。

生活費の比重を、現在のマンションにかかっている費用以下にしたい為、これらのメーカーは候補から外しました。

また、予定地は東北地方になるので、そちらで実績があるメーカーが良いです。つまり寒冷地に強いメーカーが理想。更に贅沢を言えばデザイン性の優れている所。

我々は、性能よりもデザイン性と、フィーリングに重点を置き下記のメーカーに絞りました。

 

STAND BY HOME

こちらはFacebookの広告で頻繁にレコメンドされた為、実際に確認しに行きました。一番大きなモデルハウスは仙台市にあります。車で数時間かけて展示されていた下記のプロダクトを確認しました。

YAT

デザイン性の良い平屋のプロダクト。こちらが一番の目的で仙台の現地に確認しに行きました。外観は良かったですが、内装にもう少し統一感があればなお良さげ。専用の家具はなさげで全て汎用品に見えました。その為か若干外観と内側のコンセプトがズレているように感じました。恐らくは調整し次第でどうにでもなる事なのですが、当時我々はこれ以外に選択肢がないものだと思いこんでいました。

こちらは平屋が好きな我々にとっては第一候補でしたが、思ったよりも狭く感じました。これも後から考えるに、広げるなど変更が可能だったかなと思う点です。木材は着色がされている為、好き嫌い分かれそうなデザインだと思います。間取りはシンプルで機能的。無駄が無いように思いました。

IMG_5196

YAT

IMG_5195
IMG_5223
IMG_5225
IMG_5220
IMG_5203
IMG_5205
IMG_5216
IMG_5212
IMG_5211
IMG_5206
previous arrow
next arrow

 

LOB

LOBはアメリカンな感じ。もしくは海辺の家という感じを受けました。こちらは全然考えていなかったので完全に流し見。実際に中を見てみるととてもオシャレでした。内装のオフホワイトがいい感じ。オールド加工された木々が海辺の家や、カフェを思わせます。もっとシンプルな感じを求めていた為、様子見。

IMG_5228

LOB

IMG_5229
IMG_5232
IMG_5233
IMG_5234
IMG_5238
IMG_5247
previous arrow
next arrow

 

MAG

MAGについては特に見学予定はありませんでしたが、せっかくなので全て回ろうという事に。結果的には一番間取りや内装。外観ともにしっくり来ました。実際に商談に入られているファミリーもいらっしゃったので、人気が高いのだろうと感じます。間取りはとてもよく、我々のスタイルにもとても馴染みやすそう。なんとなく秘密基地感もあり、ワクワクさせられる間取りでした。薪ストーブが設置されている玄関口が特徴的で、吹き抜けも巨大です。YATと同じく専用家具ではなく汎用性の高い物のよう。特に備え付けのドレッサーや脱衣所にある洗面台は賃貸物件にある物を思わせました。(こちらもYATの時と同じく、後からどうにでもなる件だと後から知りましたが、この時はこれしか選択肢が無いものと思い込んでいました)

とてもよい感じではありました。営業さんに簡単に聞くと我々の候補地では寒冷地仕様になる為、200万ほど余計に掛かるそう。トータルでは結構高価な住宅になると思います。

IMG_5250

MAG

IMG_5283
IMG_5279
IMG_5259
IMG_5264
IMG_5266
IMG_5267
IMG_5269
IMG_5272
IMG_5275
previous arrow
next arrow

 

堀内アーキテクト

非常に洗礼されたデザインの住宅、店舗を世に生み出し続けている青森県南部町にある建築設計士さんです。青森県八戸市にある住宅、店舗で「ああ、これは良いデザインだなぁ」と思った所は、すべて堀内さんが手掛けた案件でした。

接触を持とうと何度も考えましたが、知人から話があった「非常に高価」という話があり、躊躇してしまいます・・・

生涯住む事になる住宅を決めるのに、躊躇している場合では無いのですが、お願いするホームメーカー決定まで連絡を取る事はありませんでした。これは少し後悔しています。

 

無印良品の家

無印良品は生活雑貨をよく利用しています。設立当初はメーカー名の無い無印の良品を世に届け続けている会社で、高価ではないが物は割としっかりしている所。といったイメージ。

会社HPでは明確にブランドではないと否定されていますが、月日が流れ「無印良品」というブランドになったような気がします。その理由は、より安価で優れたプロダクトをリリースする会社が台頭してきて、「無印良品」は決して安価なで良品な部類ではなくなった為。

コストパフォーマンスだけで言えば、より良いプロダクトを出してきているメーカーは他に沢山あります。

その「無印良品」が「家」をリリースしていました。しかも結構昔からあるようです。無印良品の家は下記のプロダクトを確認しました。

木の家

こちらは2015年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。

かなりの開放感で、間取りに仕切りがありません。これはビックリ。これではプライバシーはどうなるのかと考えましたが、そういえば今のマンションでも仕切りはありません。仕切りが必要だというのは自分が持っている先入観なんだと思うようにしました。内装は高級感はありません。

しかし、我々が大切に感じるシンプルであり統一感、バランスともにとても優れていました。注文住宅なのでほぼ如何様にも間取りが変更できるようです。内側に木材を多く露出させ、木の家であるというネーミングもよく合っています。

デザイナーは難波和彦氏。箱の家が有名です。木の家にとてもよく似ています。

無印良品の家にしようという気持ちが強くなりましたが、窓の家と意見が真っ二つに。展示場は無印良品の有楽町店とミニマム木の家と、青森店を何度も見に行きました。生活拠点地より近いのが効いております。

IMG_4991

木の家

IMG_4987
IMG_4984
IMG_4988
IMG_4677
IMG_4678
IMG_4679
IMG_4680
IMG_4681
IMG_4682
IMG_4683
IMG_4685
IMG_4686
IMG_4691
IMG_4692
IMG_4687
previous arrow
next arrow

 

窓の家

こちらは2008年度のグッドデザイン賞を受賞しています。デザイナーは新国立競技場を手掛けた隈研吾氏。

非常にシンプルで、「家」というイメージそのままです。シンプルが一番難しい。間取りは木の家と同じくある程度自由に出来ますが、ある程度決まりもあるようです。窓からの景色を切り取るかたちをよく考えて配置する事で、家中が自然の絵画になるよう。内側は全て真っ白。

我々の親世代には評判が悪いようです。「真っ白で病院みたい。経年劣化の汚れがひどそう」だそう。

でも、我々家族にはとてもしっくりするものであった為、上記に上げた他の候補ともよく検討ました。特に木の家と意見が割れた為、色々とお話をしています。展示場は、木の家と同じく青森店に。また熊谷店の内覧会にも参加しました。

IMG_4992

窓の家

IMG_4990
IMG_4997
IMG_5001
IMG_5007
IMG_5009
IMG_5012
IMG_5013
IMG_5016
IMG_5020
IMG_5022
IMG_5026
IMG_4721
IMG_4720
IMG_4711
IMG_4712
IMG_4713
IMG_4715
IMG_4716
IMG_4717
IMG_4706
IMG_4705
IMG_4700
IMG_4698
previous arrow
next arrow

-無印良品の家

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大惨事】ウッドデッキに脂身をぶちまける事故発生・・・・【ウッドデッキでBBQ】

ウッドデッキでBBQしてみたかった。 まだ肌寒い時でしたが、冬キャンプ大好きな我々からすると、気温5度切らなければ別に問題なし。 という事でウッドデッキでBBQしてみました。 初回なので炭などではなく …

【窓の家】完成引渡保証書が届きました。なんだこれ?【無印良品の家】

工事請負契約後、数日してから「完成引渡保証書」という書類がMUJIネット本部から届きました。これは何の書類だろうと思っていたのですが、株式会社 MUJI HOUSE がきちんと責任をもって建物を完成さ …

【無印良品の家】いよいよ工事請負契約!やっとここまで来ました【窓の家】

建築申し込みも完了し、その後の土地関連のやり取りも大きな山は超えました!着実に物事が進んでいくと同時に後戻りできない感もかなり増しました。数年前はまさか無印良品の家を建てる事になるとは思ってもいません …

工事が着々と進んでいます。寒冷地仕様の一部もお目見え

上棟から1ヶ月以上経った現場の進み具合 着々と内装工事が進んでいます。外装もいくつかバージョンアップしていますが、内装工事を先に終わらせないと、外装工事、特に塗り壁に取り掛かれないそうです。内装工事の …

【RoomClip】自宅の写真を取り上げていただきました。【無印良品の家】

なんとなく、記録代わりにアップしていたRoomClipさんでの写真。 記事として取り上げていただき、紹介して頂けました。ちょっと恥ずかしいような・・・ RoomClip ある程度投稿して放置していたの …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している mono です。

無印良品の家 || 窓の家 || vol.27
20年住んだ東京から東北にUターン

ほぼ本州最北端。無印良品の家 [ 窓の家 ] で、がんばらない北国生活をしています。

2018年家づくり開始。
2019年引き渡し完了。

無印良品家の事や、住宅を建てるまでの軌跡、インテリアや、UIJターンの事なんかにも触れていきます。このブログが誰かの役に立ちますように。

▶︎ 無印良品の家「窓の家」
▶︎ 田舎暮らし
▶︎ 家や生活、インテリアの記録
▶︎ 2019/01/22 引き渡し