無印良品の家

【櫛引八幡宮】地鎮祭を執り行いました【何すればいいの?】

投稿日:2018年8月5日 更新日:

色々と物事が並行して動いています。土地の名義変更も完了し、工事請負契約も纏まりました。8月末には地盤改良工事が入ります。色々と忙しくなる(無印さんが)と思いますが、取り急ぎ「ご近所への挨拶回り」と「地鎮祭」を執り行いました。

ご近所への挨拶回り

我々の感覚では、お隣かそのお隣くらいまでかな?程度に思っていましたが、かなり念入りにするようです。大通りを挟んで反対側のあまり深いお付き合いのないご家族側にも無印良品の「タオル」をお渡しして、結局周りのお家ほぼ全てにご挨拶しました。我々は学生生活後にすぐ東京に出てしまいましたので、知っている方は少ないのですが、相手方は既にご存知の方が多数いらっしゃいました。

特に私がチビっ子の時に遊び回っていた家の方は、「おばちゃん!お菓子頂戴!ってよく来てたよ」と言われ、恥ずかしいやら懐かしいやら。東京生活を終え、今年度中にUターンする事と住宅工事が始まる為、ご迷惑をお掛けするかもしれない等お伝えしました。

ちなみに、回る家、手持ちのタオル、最初の声かけなどは全て無印良品側で準備、段取りを組んで頂けます。我々はついて行ってご挨拶するのみ。何から何まで用意して頂けました。

時間の関係で平日の朝から回る事になったので、全てのご家族にお会いできたわけでは有りませんが、不在の場合はそっとタオルをポストに投函。予定していた全ての家を周りました。

ご挨拶回りの範囲ですが、建築予定地を中心にして、半径200mといった所。恐らくは「建築予定地に通じる道路全ての両サイドにあるご家庭」という感じでピックアップされたようです。こんなにも必要なのかと思いましたが、念には念をという事なので、その通りにしました。

想定外続きの地鎮祭

地鎮祭は実家の建て替えの時に経験していました。旧家を取り壊し、更地になった後に神主さんにおこし頂いて色々と儀式を執り行います。特に厳格なものではなかったと思いますが、父親がクワを盛土にザクザクしてたのはなんとなく覚えていました。

なので、我々も現地で執り行うつもりで、無印側もその通り準備を進めていたのですが、直前になって天候不順なので「櫛引八幡宮」境内で執り行いますと。

 

櫛引八幡宮 ▶ http://www.kushihikihachimangu.com/

「え!」

と夫婦ふたりで困惑しました。地鎮祭について色々と調べていたのですが、今回住宅を建てることになった「この土地」に住んでいる神様をお招きして鎮め、土地を利用させてもらう許可を頂くこと。
そしてこれからの工事の安全と家の繁栄を祈願する為とあります。なので「この土地」で執り行う事がとても大事な気がするのですが、境内でやるそうな。ううーむ。聞いた事ないです。しかしネットで調べていると確かに例はあるよう。

土に関しては神主さんから「その土地の土」を持参するように指示があったようで、事前に無印良品側で準備して頂いたようです。とにかく出張地鎮祭のようになりましたが、神様にわざわざ土地まで出向いてもらうより、神様のお家に行ってお願いするので、より良い事だろう(笑

更に雨天です。若干暴風雨。

雨天時の地鎮祭はとても良い事とお聞きしました。「雨降って地固まる」のことわざや、地鎮祭で雨だった家は、その生涯に渡り最も大切な「水」に困る事はなく、隅々まで雨でお浄めされるので火事にならない。などと良い事盛りだくさん。

暴風雨予報の為、境内での地鎮祭をお願いしたのですが、当日現地朝は晴天でした・・・!

それならばと、現地でするようにお願いはしたものの、やはり天気予報はあてにならず崩れ始めます。我々が迷ったせいで2転3転してしまいましたが、結局は境内で執り行いました。ちなみに無印良品側でも初めての試みだったそうです。

 

準備したものは玉串料と日本酒、そしてお米

地鎮祭を執り行う上で、施主側で準備してくださいと言われたのは、神主さんにお渡しする「玉串料」と「日本酒」の2点です。パパさんの実家はプチ農家なので、お米は自前の物を用意しました。玉串料に関してはその土地の習慣や平均的なお値段があると思いますので、我々も大体の金額をお聞きしてそれにならいました。日本酒については、施主側と施工主の2本が用意されるもののようです。我々は「田酒」か「陸奥八仙」の2択。地元と関東で有名な「陸奥八仙」にしました。地鎮祭後はお供え物と日本酒は持ち帰り、皆で分け合い頂戴しました。

現地から持ち込みした結構な量の土も、丁重にお祓い頂きました。

陸奥八仙

田酒

地鎮祭でしか見れない「鎮め物」

地鎮祭でしか見れないものがありますよと、神主さんにご説明を受けた物があり、それが「鎮め物」と呼ばれる5箇所5色のお供え物でした。これは初めて見ました。この後基礎工事に入りそのまま家の四隅と真ん中に埋められるものだそうです。なので今しか見られません。

そして、前日から東京から車で長距離移動、打ち合わせ、実家の手伝いなど、色々と忙しく過ごしてたのもあり、なんと当日はまさかのカメラ忘れ(笑

それ以上に地鎮祭中に施主がパシャパシャと出来るわけもなく・・・ 無印担当のBさんTさんが何枚か記念に撮っていらしたので、後でお譲り頂きました。

最後には「土」を戻して家族だけの地鎮祭

こちらは後日談ですが、当日は暴風雨だったのと、別のお客様の打ち合わせ予定が詰まっていたようで、境内から引き上げた「土」は現地に戻す事はしませんでした。我々もこの日の為だけに東京から帰省していた為、翌日以降時間を取る事が出来なかったので、後日帰省のタイミングで無印側から「土」を受け取り、現地に戻しました。既に山砂が盛られている為、家が建つ場所が不明になっていましたが、空撮写真を頼りに「なんとなくこの辺」と当たりをつけ、土を戻した後日本酒をお供えしました。

最後に、家族全員で地鎮祭の時と同じく、「工事の安全」と「家の繁栄・健康」をお祈りしました。ついでに外で様子を見てたジジババも巻き込んでお祈りしてもらいました。

これできっと大丈夫でしょう!

地鎮祭まとめ

ご近所への工事ご挨拶は念入りに

工事が始まる前にご近所挨拶は、無いよりはあった方が絶対に良いようです。地域柄もあると思いますが、たった一声あるだけで無用なトラブルや不快感もなくなる事も多いハズ。これはどんな事柄にも同じことが言えると思います。「たった一声」です。

雨天時の地鎮祭は良いことだらけ(のはず

雨天なったら嫌だなーとは思っていましたが、そういう時って的中するものです。結局雨天どころか暴風雨になりました。こうなると現地でテントを張り込んでとかは無理です。高齢の両親も参加予定でしたが、大事をみて我々家族だけの参加としました。雨天時の地鎮祭はとても良い事だそうです。「雨降って地固まる」のことわざがあるのもそうですが、地鎮祭で雨だった家は、その生涯に渡り最も大切な「水」に困る事はなく、隅々まで雨でお浄めされるので火事にならない。などと良い事盛りだくさん。数少ないイベント時に望まれる雨天です

「鎮め物」は基礎工事で見納め!

鎮め物と呼ばれるお供え物があり、これは「地鎮祭」と「基礎工事」の時しか見られないそうです。基礎工事が始まると、4隅と真ん中に埋め込む為なのですが、地鎮祭の時がその貴重な2回の機会のうちの1回です。カメラに撮っておきたかったのですが、当日はカメラを忘れてしまったので、後日基礎工事の時、埋める前の物を写真で提供頂きました。

施主側が用意する物は多くないです

事前に用意する物は「玉串料」と「日本酒」のみでした。我々の場合は実家がプチ農家というのもあり、「お米」は自前で生産した物を利用しました。そのうちでお供え物は「玉串料」以外は全て戻ってきます。とても地元で採れたての新鮮な物ばかりなので、ぜひ皆さんで分け合って下さいという事でしたので、食材は両家で分け合って美味しく頂きました。

以上!

いよいよ工事が始まります。

-無印良品の家

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【家に会いに。Vol .27】自宅を取り上げて頂きました【無印良品の家 / 窓の家】

「家に会いに。」の取材のお話が。 無印良品の家本部側で、施工例で取材した中からピックアップしているっぽいのですが、前回の取材から割と早いタイミングでのお声かかりがありました。 我々の自宅は外構が手付か …

【建築申込】およそ仕様が決まったので、建築申込をしました。【無印良品の家】

日々、間取りについての細かい調整をしています。後から後悔したくないのでかなり細かく調整中で、この段階になっても結構変更事があり、担当さんには色々とご迷惑とご面倒をかけ続けている状態。まだ建築申込前だっ …

【RoomClip】自宅の写真を取り上げていただきました。【無印良品の家】

なんとなく、記録代わりにアップしていたRoomClipさんでの写真。 記事として取り上げていただき、紹介して頂けました。ちょっと恥ずかしいような・・・ RoomClip ある程度投稿して放置していたの …

【無印良品の家】いよいよ工事請負契約!やっとここまで来ました【窓の家】

建築申し込みも完了し、その後の土地関連のやり取りも大きな山は超えました!着実に物事が進んでいくと同時に後戻りできない感もかなり増しました。数年前はまさか無印良品の家を建てる事になるとは思ってもいません …

【リビングライト】悩みに悩んだリビングのライト。ようやく決定しました。

詳細図が出てきたので、より細かい事を決めつつあります。最初に悩んだのはリビングのライトをどうするか。備え付けのダウンライトはあるのですが、ちょっと足りない感じ・・・ ダウンライトは明るめではあるのです …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している mono です。

無印良品の家 || 窓の家 || vol.27
20年住んだ東京から東北にUターン

ほぼ本州最北端。無印良品の家 [ 窓の家 ] で、がんばらない北国生活をしています。

2018年家づくり開始。
2019年引き渡し完了。

無印良品家の事や、住宅を建てるまでの軌跡、インテリアや、UIJターンの事なんかにも触れていきます。このブログが誰かの役に立ちますように。

▶︎ 無印良品の家「窓の家」
▶︎ 田舎暮らし
▶︎ 家や生活、インテリアの記録
▶︎ 2019/01/22 引き渡し