外構

【外構DIY】外構を手作り。今回は芝生を貼りました!【無印良品の家】

投稿日:2020年4月12日 更新日:

毎回記事に出来ているわけではないのですが、可能な限り残して置こうと思います。今回は、ホプシーを植えた後の芝生貼りのお話。

1年間外構がほとんど進んでいなかったのですが、新型コロナウィルスの影響で外出を控える必要があり、今自宅で出来る事をやろうという事で、ずっと手つかずだった「芝生貼り」をする事にしました。

自分たちの家にはどんな芝生が適しているか?

東北地方に適した芝生を探す

一番最初は「クラピア」を植えようとしていたのです。スーパーイワダレソウ。芝生に劣らずのグランドカバーで、小さい花をつけます。それにミツバチが寄ってくるというお話もあったのですが、何よりもマイナスポイントは、寒さに弱いという事。

東北地方でもキレイに維持されている方は何人かいらっしゃいましたが、春先にクラピアが活動を始める前に雑草が伸び切ってしまうようです。それくらいスロースターターなようなので、クラビアは諦めました。

代わりに、「TM9」「高麗芝」「姫高麗芝」「野芝」などの日本芝を検討しました。

世界のトヨタが開発した「TM9」

トヨタ自動車が開発した、高麗芝の品種改良品で、かなり人気が高いようです。関東の知人たち、中部地方の知人もこちらを採用。

丈が高麗芝の半分以下らしく、手間がかからないようになっている為、芝刈りの回数も減り。芝生の肥料なども与える回数が減る為、維持費も軽減できるとあります。良いことしかありませんね。じゃあ実際に積雪する、マイナス気温な地域ではどうなんだというお話ですが、ブログで調査した結果では、どうも情報がハッキリせず、実際に貼り比べされてる方は1名のみ。

我々の地域とは条件が違いすぎる為、プロの芝生屋さんに確認しました。別に悪くはないけども、「向かいない」とハッキリクラピアに至ってはハッキリとNGが。出来なくなはいけど大変だと。

それと、鑑賞する側の芝生なので、春先などの立ち上がり時は、霜の影響もあってあまり芝生内への立ち入りはいかがなものかと。つまり寒冷地では弱い種類の芝生ですよと。

うーん。比較的温暖な地域向けのようでしたので、寒冷地ではより条件が厳しいようです。

最もポピュラーで美しい「高麗芝」

かなりの方が高麗芝を選択されているようでした。強い。美しい。いい事ばかり。我々の地域でも、最も出ている芝生の種類だそうです。

これを選んでおけば間違いないそうな。実際に貼られているのを何度も確認しましたが、芝生の刈高によってフカフカにもビチビチのグランドカバーにもなるようです。

多少寒さに弱い面がありますが、冬枯れしつつも問題なく冬を越すことができるそう。マイナス面にもなりますが、成長がかなり早いそうなので、芝刈りと肥料を与える間隔が狭いそう。

基本的には芝刈りの後に全面肥料というルーチンになるそうなので、それなりに維持費がかかりそう

高麗芝を更に美しく!決めが細かい「姫高麗芝」

高麗芝を更に美しくきめ細やかにした、品種改良品。見た感じは本当に美しく、足で踏み入れるのに一瞬戸惑うほど。

と思ったら、本当に踏み入れには弱く、高齢芝よりかなり弱いそうです。神経質な性質があるようなので、こちらは我々の用途には適さないので、即見送りでした。

その辺に生えてる、日本古来から自生する「野芝」

高麗芝に決まりかけていた時に現れた。もともと日本に自生している芝生に近い品種の野芝。

高麗芝やTM9のようなきめ細やかさや美しさはハッキリと劣ります。葉が太く密度も薄い為、どうしても景観的には見劣りします。

最大のメリットはその強さ。踏まれても全然平気。寒さにもかなり強いようです。我々の自宅近くの観光地、「種差海外」はかなり厳しい条件の地域ですが、自然と自生している芝生が広大な広さを覆い尽くしています。触った感じはチクチクしますね。

結構な頻度で芝生に立ち入り、ペグなんかでボコボコと穴を開けたり、大型テントを張り込んで庭キャンプしたりする我々の用途にピッタリ。

我々の選んだ芝生まとめ

結局、1年間色々と検討しましたが、「野芝」にしました

野芝の種類がいくつかあります。「つくばグリーン」「つくば太郎」「つくば輝」なんかもあり、コスト面も考慮し、結局普通の「野芝」にしました。

メンテナンスなんかで、他の品種改良品と比べて再入手しやすそうだし、その辺に生えてるので。このあたりではホームセンターでは手に入りません。必ず芝生屋さんに発注です。この辺りのホームセンターは高麗芝しか扱っていませんでした。

景観は他の種類に比べて圧倒的によくないので、庭に貼る人は少ないそうです。

確かにブログで確認しようにもお一人様しか居ませんでした。芝生貼りの詳しい内容については、詳しいサイトがたくさんあるので、こちらでは触れません。

4月の中頃に芝生貼りをしました。これから2週間ほどは水やり地獄となりますが、根付いた頃にまた経過を載せたいと思います。

-外構

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【外構DIY】コロラドトウヒを実生してみました。【長いお付き合い】

コロナ禍で庭いじりの時間が増えた気がします。 記録用に、植え付けた植物たちの成長過程と、自生してるコロラドトウヒを目で見てみたかったので、種を入手し、植え付けてみました。 ヤマボウシ すこーしづつ色づ …

【外溝DIY】誰でも簡単・オシャレに自宅をライトアップ!【ひかりノベーション】

以前も記載した事があるタカショーさんの「ひかりノベーション」シリーズ。 誰でも簡単に、オシャレに自宅の庭をライトアップ出来ます。ローボルトなので電気工事士の資格なんかも要りません。 【夜の演出】タカシ …

シンボルツリーは「ヤマボウシ」にしました。

住宅にはシンボルツリーを植えるものなのですね。実家はそんなの無かったので、全然知りませんでした。 シンボルツリーなるものを知ってからは、そういった目で他の住宅を見るようになり、良い雰囲気のあったものは …

【外構DIY】芝張りから2ヶ月。野芝はこのような状態に【無印良品の家】

前回の芝張りから2ヶ月!野芝はこんな感じ! 自宅の野芝はここまで成長しました。意外と青々して力強く根付いてくれています。 芝張りから2ヶ月経った「野芝」はここまで育つ 芝張りから2ヶ月。相変わらず毎朝 …

【外構DIY】北国らしくホプシーを庭に。【無印良品の家】

寒冷地向けのホプシーを植えました シンボルツリーはもうすでに植えてあるのですが、庭が広めで少し寂しいので、いくつか植物を追加しました。 北国で積雪も少しある為、種類は限られてきてしまうのですが、東北以 …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している mono です。

無印良品の家 || 窓の家 || vol.27
20年住んだ東京から東北にUターン

ほぼ本州最北端。無印良品の家 [ 窓の家 ] で、がんばらない北国生活をしています。

2018年家づくり開始。
2019年引き渡し完了。

無印良品家の事や、住宅を建てるまでの軌跡、インテリアや、UIJターンの事なんかにも触れていきます。このブログが誰かの役に立ちますように。

▶︎ 無印良品の家「窓の家」
▶︎ 田舎暮らし
▶︎ 家や生活、インテリアの記録
▶︎ 2019/01/22 引き渡し