オプション

【無印良品の家】24時間換気のお話。ウチはダクトレスの第一種換気を採用しました。【窓の家】

投稿日:2019年12月22日 更新日:

無印良品の家をビルドする時、オプションがいくつかあります。我々は、大きなオプションは2つほどしか追加しませんでした。

壁と24時間換気のみです。

今回は、その24時間換気のオプションについて記載しておこうと思います。

以前までは24時間換気システムの設置義務はありませんでしたが、2003年の建築基準法改正によって、これから建設するすべての住宅に24時間換気システムを導入することが義務化されたそうです。

こちらの24時間換気ですが、無印良品の家では「第三種換気」と「第一種換気」があり、「第一種換気」はオプション扱いで、追加金が必要でした。

義務化により換気扇をつけない選択肢はなく、常時付けておく事を前提に色々と検討しました。

第三種換気システム

ごく一般的な換気扇で、住宅の中にある汚れた空気を外に捨てる事を目的としています。お風呂場やトイレの換気扇は殆どが「第三種換気」です。

一方的に、室内の空気を外に排出するのが殆ど。構造が単純で、枯れた技術である為、メンテナンスコストが安価です。

デメリットとしては、室内にダクトを張り巡らせる住宅構造になっている場合、湿気やホコリを排出しきれず、カビの温床などにもなり得ます。また、夏には熱い空気が室内に入ってきますし、冬には冷たい空気が室内に入ってくるので、それらを設定温度に戻すパワーがかかり、冷房・暖房費が少しかかります。

第一種換気システム

無印良品の家は、ダクトレスの「第一種換気」がオプションで用意されていました。商品名は「パッシブエナジージャパン」の「せせらぎ」です。

https://passivenergie.co.jp/

ダクトレスなので、室内(壁の中)に配管が張り巡らせる構造にはならず、外壁と室内を直列に繋ぎます。配管の構造はなくなる為、カビや湿気の配管掃除が発生しにくいです。また、住宅の大きさにもよると思いますが、

6個を1グループとして、3個を「吸気」、残りの3個を「排気」としてコントロールする為、住宅内に大きな空気の流れが出来ます。この繰返しを70秒毎に切り替えて24時間運転されます。

吸気と排気をコントロールしたとしても、外から入り込む空気の温度は変えられません。じゃあ給排気が入れ替わるだけで、第三種換気と変わらないじゃんって思ったのですが、ここに秘密がありました。

一番の特徴、「熱交換型」であるという事。なんのこっちゃ?って思ったので簡単に調べたのですが、熱交換型の第一種換気は換気扇の裏側に「セラミック」製の「熱交換モジュール」が存在しているようです。

デカイ筒です。セラミックは熱を溜め込む能力が非常に高く、その性質をうまく利用してるようでした。

外気が35度くらいの真夏での利用の場合、エアコンで冷やされた室内が24度程度とすると、この空気を排気で捨てるときに、でかいセラミックの筒を通過させる時に、セラミックの温度を24度付近まで冷やす事になります。

70秒後、35度の外気を吸気しますが、その「24度程度に冷やされたセラミック筒」を通る為、26〜27度程度まで冷やされた外気が室内へ入る仕組み。

セラミックの温度が外気温と同様になる前に、また吸気と排気を反転させ、室内の空気で冷やす。これらの動作を繰り返し、室内へ取り込む温度を一定に保つように働きかけるようです。

この仕組が最大のメリットと思います。室内の空気を一定に保ちつつ、掃除が行き届かないダクト内のカビや湿気の発生をなくし、エアコンの運用費を下げる事が出来ます。

デメリットは、初期コストが結構かかってしまう事です。また、ダクトレスなので外と直接つながっている為、音を割と室内に入れ込む事が多いです。

日々の電気代についても、第一種と第三種ともに結構違います。

第一種のせせらぎは超高効率のファンを使っているので、家全体で8w程度です。第三種は家全体で24W〜30Wのものが多いようです。セントラル方式の熱交換換気では90W程度にもなります。無印良品の家の第三種換気の消費電力は調べきれていません。

真夏と真冬を過ごして見てどうだったか

ダクトレスの第一種換気「せせらぎ」6機で、およそ1シーズンを過ごしました。

こちらの地方は、真夏は35度(夜間25度)真冬は-3度程度(夜間-10度)くらいの気温です。40坪(134㎡)ほどの住宅で、エアコンは1F に1機のみで、十分に快適に過ごせました。(サーキュレータで補助あり)

ただし、換気扇は6機しかありませんので、換気扇がついていない脱衣所は、他の部屋に比べて3〜5度程度温度が違う事が多いです。

換気扇の強さは、1〜5まで段階があり、通常利用での風量2が最も熱交換効率がよく、「91% ※新型は93%」となり、一番弱い風量1のときは「94%」を超えます。

※風量1は、長期旅行などで自宅を開ける時間が多い時に使うモード

最大風量の5にすると、「67.5%」となり、かなり効率が下がりますが、BBQを室内でやるとか、友人が20人くらい来て、一斉にオナラをするなどのイベントがない限り使う事はないと思います。

ちょっと分かりにくいので、実際の室温と外気温で置き換えると、熱交換効率が91%というのは、室内の気温が25度、外気温が0度だとすると、

外気から入ってくる気温が0度なのが、熱交換効率0%の第三種換気。
外気から入ってくる気温が23度なのが、熱交換効率91%の第一種換気。

という事です。

我々は、普段風量2で利用していますが、白壁と同じ色合いかつ、直線的なデザインなので、そんなに目立たない換気扇です。

イニシャルコストはそれなりにかかりますが、おそらく関東・東北(福島)から上の地域では、結構光熱費が浮くのではないでしょうか。木の家では更に効率が上がるようで、暖房要らずなお話もよく聞きます。

東北地方では暖房が必要になるので、どうしてもエアコン運転費用が嵩みます。第一種換気を付けたからと言って、エアコンが必要無くなるわけではないのですが、エアコンが設定された元の気温に戻そうと常時頑張る必要がなくなる為、それなりにコストは下がります。

比較対象は、同型のエアコンを利用している実家の「セキスイハイム」の寒冷地仕様住宅で、50坪ほどの住宅で7台のエアコンを利用しています。常時稼働しているのは2台ほど。10年以上前の住宅で、第三種換気を採用。FF式ファンヒーターと、石油ストーブを併用しています。

無印良品の家と違い、仕切りがある住宅なので、目安程度にはなりますが、真冬の電気代は3〜4万位になります。(この他に灯油費が1シーズン5万ほど)

我々は、去年何も考えず、MAXパワーで使い放題の状態で2.5万程度。今年はサーキュレータや、エアコンの利用方法を工夫し、1.5万を切るようになっています。

※エアコンをWifiやZigbee経由で細かくコントロールする事で、最も寒い時期でも電気代を抑える事ができると思います。エアコンの自動化は現在色々と細かく調整中です。

※ダイキンのエアコンはWifiモジュールが内蔵されており、専用アプリからスケジューリング出来ますが、かなり不十分な機能であくまで時間コントロール。IFTTTなどで拾えれば、温度や日の出、日没に従ったコントロールが出来るのですが、ヨーロッパのみ対応で、日本エリアは未対応でした。(2019年現在)

窓がより大きく、太陽光をより多く取り入れられる「木の家」は更に電気代が下がるようです。(こちらは入居者宅見学会でお聞きできました。我々の窓の家より遥かに効率が良さそうです)

第一種換気だけではなく、断熱や、トリプルパネル、仕切りのない吹き抜けのある構造など、様々な要因が複合的に作用した結果ですが、マイナス気温二桁が続く地域で、エアコンのみで暖房を賄おうとした場合、どうしても電気代がかかってしまうと思います。

南側に大きな窓がない、「窓の家」にはそれなりに効果のあるオプションと感じました。

-オプション
-, ,

執筆者:


  1. […] 【無印良品の家】24時間換気のお話。ウチはダクトレスの第一種換気を採用しました。【窓の家】無印良品の家をビルドする時、オプションがいくつかあります。我々は、大きなオプシ […]

  2. omoti より:

    はじめまして。突然ですがお聞きしたいことがありコメントさせて頂きました!
    現在我が家も新居を計画中で、換気システムとして本記事と同じ「せせらぎ」を導入予定なのですが、室内カバーのデザインが少し気になっております。
    メーカーのものですと表面に段のあるデザインになっていて少し気になります。(1種類しか無いようです)
    monaural lifeさんのあげられている写真ですとつるっとしたフラットなカバーで、あまり目立たなくていいなと思ったのですが、採用されているカバーは無印良品の家さんから支給されたものでしょうか?それとも他でご用意されたりしたのでしょうか?
    お時間のあるときにお答え頂けたら幸いです、よろしくお願いします!

    • monaural より:

      すみません!

      こちらのブログは放置気味でしたので、コメントに気が付きませんでした。
      仰るとおり、我々のせせらぎは、無印良品のカスタム品の為、メーカー本部では支給されていないようです。純正品に比べて、マニュアルやコントローラーも機能が違いました。

      あまりお力になれず、すみません〜

      • omoti より:

        ご返信ありがとうございます!
        こちらこそ質問しておいて気付くのが大変遅くなってしまい大変申し訳ありません…汗
        メーカーにも確認して、こちらのデザインの取扱は無いとの回答を頂きました。
        無印良品さんのシンプルなデザインがうらやましいです。。
        ご丁寧にありがとうございました!参考にさせて頂きます◎

  3. omoti より:

    ご返信ありがとうございます!
    こちらこそ質問しておいて気付くのが大変遅くなってしまい大変申し訳ありません…汗
    メーカーにも確認して、こちらのデザインの取扱は無いとの回答を頂きました。
    無印良品さんのシンプルなデザインがうらやましいです。。
    ご丁寧にありがとうございました!参考にさせて頂きます◎

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【無印良品の家】内壁のお話。ウチは壁紙ではなくAEP塗装を採用しました。【窓の家】

無印良品の家をビルドする時、オプションがいくつかあります。我々は大きなオプションは2つほどしか追加しませんでした。 壁と24時間換気のみで、24時間換気の方は以前エントリー済み。 【無印良品の家】24 …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している mono です。

無印良品の家 || 窓の家 || vol.27
20年住んだ東京から東北にUターン

ほぼ本州最北端。無印良品の家 [ 窓の家 ] で、がんばらない北国生活をしています。

2018年家づくり開始。
2019年引き渡し完了。

無印良品家の事や、住宅を建てるまでの軌跡、インテリアや、UIJターンの事なんかにも触れていきます。このブログが誰かの役に立ちますように。

▶︎ 無印良品の家「窓の家」
▶︎ 田舎暮らし
▶︎ 家や生活、インテリアの記録
▶︎ 2019/01/22 引き渡し