家電

テレビを捨ててプロジェクター生活へ!こんな事に注意しました。

投稿日:2019年2月28日 更新日:

テレビって見ますか?

テレビって長時間見ますか?

我々は、朝の身支度や朝食時は見てました!朝って何かと時間が気になりますよね? なので起きたらTVを付けるような生活を続けていました。特に長時間見るわけでは無く、なんとなく部屋が寂しいからTVを付けっぱなしにして、音声だけ聞いているような事も多かったです。

その後、Amazon Primeや、iTunes Movies、Huluなどのオンライン動画サービスを利用する機会が増え、一気にTVを見る機会が減ってしまいました。

TVより、オンライン動画サービスのほうが生活の一部のになりつつあり、TVの重要性が薄れてしまった為、新居では映画や、みんなで見る写真上映会などをより大画面で見れるようにする方向にしました。

テレビが無い変わりにNasneを利用する

テレビを無くするのは良いとして、緊急地震速報やその他災害時の情報は、やはりネット一本には絞れません。理由としては確実に発生するデマの存在!

一気に汚染情報が拡散し、必要のない心配までしなくてはならない可能性がゼロではありません。その為必要最低限のTV情報のラインを残しておく事にしました。小型のTVを用意する事も考えましたが、こういった用途ではNasne(Torne)を超えるものはないと思います!

ウチではPlayStation3がまだ現役です!

PS3死亡しました・・・PS4へ買い替え。

NasneとPlaystation3(4)の組み合わせはハッキリ言って最強と思えます。こちらはまた別の機会に。

現在、朝のニュース番組は、iPadを経由したNanseで毎日見ています。PS3を経由してプロジェクターでも見れますが、朝は光が強すぎて使い物になりません。

復活。Nasne(バッファロー版)

プロジェクターはどんなのが良いのだろう?

プロジェクターって様々なメーカーから出てますよね。どれを選んだらいいかよくわかりませんでしたが、我々は単純に下記の点に気をつけて、製品をピックアップして、最終的に1機種に絞りました。

4K HDRの画像が出力できる

こちらは、我々がAppleTV 4Kをメインに接続する為になります。4K HDRの画像を出力できるプロジェクターとなると、選択肢が少し狭まってしまいましたが、ここは拘りどころとしました。HDでも特に問題はないです。むしろそこまで見分けはつかない事のほうが多いかもしれません。

ただ、映画を見比べるとやはり4Kのほうがキレイとすぐわかります。4Kにも色々とあり、ネイティブの4Kを出力できるプロジェクターは車が買えそうなほどなので、画素ズラシなどの方法で、擬似的に4Kを出力するタイプが主流のようです。我々も画素ずらしの入門タイプを選びました。Playstationの2Kから4Kへのアップコンバートも優秀なので、ないよりは合ったほうがいいかな?という感じ。

ある程度の明るさがある

プロジェクターの天敵は日の光です。理由は一気に色が薄くなり画像が見えなくなってしまうんです。

我々の家は、「窓の家」で、無印良品の家でも窓の大きいタイプのプロダクト。「木の家」ほどではないですが、結構な日の入りがあります。夕方くらいからは利用する事が増えると考えましたので、3000ルーメン以上のモデルを選びました。このルーメンも指標に過ぎないので、あくまでも目安です。2000ルーメンを切ると、結構厳しいものがあるように思いました。

下の画像はリビングのキッチン側のダウンライトを全て点灯した状態での様子。ある程度ライトを付けても、そんなに見にくくないかなー程度の明るさがあると良いと思います。

プロジェクターの視聴はヨドバシカメラマルチメディア秋葉原と、アバック秋葉原で入念にしました。アバックさんは2回目に訪問した際には、すでに移転済みでした。

カーテンなしで利用、もしくはリビングのダウンライトをつけたまま利用するには、最低限2500ルーメンは必要な感じでした。(我々の感覚

なるべく安価

こちらが一番の理由だったと言っても過言ではないです!

最近の大画面TVってものすごい高いんですね・・・久しぶりにTVを物色したらびっくりです。65インチとかになると20-30万は当たり前なんですね。

テレビは消耗品と考えているので、ちょっとそんな金額は出せないです・・・

プロジェクターなら、間取り的に最低100インチは狙えそうです。入門モデルなら12万台からありそう。しかも寿命があるランプは交換が可能です。壊れたら買い替えという手もありますが、ランプなど交換してTVより少し長く使えそうかも?という狙いもありました。

天吊が可能

床置にしてイチイチ設定を毎回するのが面倒だった為、天井から吊り下げができるものを選択しました。

天吊をする為、住宅の設計段階でとりあえず、電源の配線だけ通してもらうようお願いしました。

天吊りするとなると、AppleTVや、PlaystationからHDMIケーブルを引きまわさないとイケないのですが、最近は映像を無線で飛ばせるタイプもあるんですね!

EPSONのWifiモデルがそれにあたり、よく検討しました。価格は30万ほどですが、スペックも申し分なく何より映像配線が必要ありません。

ところが、よくよく調べるとWifiで飛ばせる映像はHDまでという事なので、他のモデルと10万以上の価格差があります。もちろん機能差はそれだけではないのですが、EPSONのモデルには10万の価格差の価値を見い出せなかったので、諦めました。

天吊金具は下記のモデルを用意しました

シアターハウス / スパイダー2

こちらはとても汎用性のあるモデル!我々は天井の高さが230cmと低めの為、ゼロシャフトで利用しています。11cmほど天井から下るので、その分下げてプロジェクターの厚さを足し、投影距離、位置の計算が必要になります。

最終的に2機種に絞り、選んだモデルはこちら

画像を無線で飛ばすのを諦めた為、HDMIケーブルでの接続モデル。画質、使いやすさ、価格などを調べ、最終的に2機種に絞りました。

Optoma UHD60

恐らく30万以下のプロジェクターでは最強の部類だと思います。明るい。調整力もかなり幅広い。比較的小さめなモデル。

しかし30万!

BenQ HT2550 ▶こちらにしました!

4K入門機としては最も安価な部類。ViewSonic(コストコモデル含む)などもありますが、どうも結構な光漏れなどがあるそう。BenQ TK800なども同価格帯ですが、向こうは昼間の利用を重視し、色味をグレードダウンしている模様。

我々は昼間は利用しないので、こちらのモデルを購入しました!安いし!

Optomaに憧れはありますが、まずは入門機で慣れ親しんでからという感じにしました。

HDMIケーブルには種類がいっぱい。制限もいっぱい。

上記の通り、Wifiでの映像出力を諦めて、HDMIケーブルを引き回す事にしたのですが、HDMIケーブルにも規格がたくさんあるんですね・・・・

4K HDRの映像を出力する為には、HDMI2.0に対応したケーブルを用意する必要がありました。

HDMI1.4a

対応解像度は3,840×2,160ドット(24Hz/25Hz/30Hz)、4,096×2,160ドット(30Hz)。こちらでも問題ないのですが、60pの出力が不可能。

その他細かいところでの違いはありますが、我々が重視した解像度に関してはそんな感じ。あ、3Dもいけます。使いませんが。

HDMI2.0

4K画像をフルスペックで伝送できるケーブル。4K60p/HDRでの伝送が可能です。HDMI1.4に比べてかなり高価なケーブルが多かったです。買うならこちら。

それぞれのケーブルの違いや次世代のケーブルに関しては下記のURLでの資料がわかりやすかったです。

https://hdmiforum.org/wp-content/uploads/2017/11/HDMI-Forum-2.1-November-Release-Presentation-JA.pdf?x71718

配線工事で気をつけた事。

単純に配線を通せばよいかと考えていましたが、リビングは大きい吹き抜けがあるので、床を這わせる配管を用意し、そちらを通すようにして頂きました。

床付近にある情報コンセントタップから、床を通り反対側の壁へ。そのまま天井を通ってプロジェクターの天吊位置まで通す必要があります。

長さにして約8メートルでした。10メートルか15メートルのケーブルが必要そうです。HDMI2.0のケーブルって10メートルを超えると、ものすごい不安定になりフルスペックで伝送できない事が多いそう・・・

今まで、メタルケーブルしか知りませんでしたが、最近はHDMIの光ケーブルが台頭してきていました。30〜100メートルクラスで劣化なしで伝送可能だそう。

これなら安心ですね。我々も光ケーブルを用意しました。何メートルか種類があるようですが、取り敢えず必要最低限の長さ7mに対して、取り回しを考えて少しだけ余裕のある10m。15mだとちょっとダルダルになりそうでした。

選んだケーブルはこちら

ATZEBE 光ファイバーhdmi ケーブル

机上の計算と現場では結構なズレが発生する!

プロジェクターの設置場所や、投影面からの距離などは、メーカーのサイトで公表されているカリキュレータを利用しました。

https://projectorcalculator.benq.com/

こちらのサイトでほぼ全ての距離がわかります。狙ったインチサイズを出すためには、投影面からどれくらい離さないとイケないのか。天吊の場合は上部から取り付け器具とレンズまでの距離があるので、そちらも数値を入れて厳密に計算しました。

しかし、所詮は机上の理論という感じ。数値を信じてmm単位で調整し、取り付けを行ったのですが、電源を入れて画面調整をすると結構なズレが発生しました。

ぜひ、天吊金具を位置決めする前に、視聴する事をオススメ致します!

プロの取付業者ならそんな凡ミスしないと思うのですが、数値を過信した為、若干前に出すぎてしまいました。

また、HT2550は右目にレンズがありますので、投影面のセンターに対して本体が若干左寄りに設置しないと、画面がズレます。

投影面のセンターとレンズのセンターがぴったり合うように設置しましょう。

一応細かい調整は出来ますが、HT2550は安価な部類のプロジェクターなので、便利機能は実装出来きない事が多く、レンズシフトが出来ません。台座側である程度位置などを調整した上でプロジェクターの機能で補助的に補正をしたほうが良いと思います。上下左右などは台座側で調整出来ますが、流石に位置のズレまでは調整できません。

昼間の利用に関して

気になる昼間の利用についてですが、朝の11時くらいからは、かなり厳しいです。色味が薄くよく見えません。なので、やはり昼間の利用は不可能に近いです。住宅によってはしっかりと遮光出来ると思いますが、我々は昼間は重視しなかったのと、吹抜けの窓に何も付けたくなかったので、光がかなり入り込みます。全ての窓を遮光カーテンで塞いだ場合は、昼間でもかなり鮮明に見えるくらい、明るいモデルと思われます。

音声出力も考えておいたほうが良い

最近は、光ケーブルの音声は大分廃れてきてしまった気がします。HDMIで音声も伝送出来るからかもしれませんが、我々が選んだプロジェクターには出力の弱いスピーカーしか搭載されていませんでした。

普段遣いでは特に問題がないくらいなのですが、じっくりと映画を見たい時には、少し物足りないです。スピーカーも天吊などされるかたは、スピーカー用の有線ケーブルも配線して置くと良いと思います!

我々は、AppleTV から Bluetooth 接続で、Beoplay A1を利用しています。機会を見て、Beosound shape を導入したいと考えています。(壁内部に電源配線済み)

プロジェクターにしてどうだったか?

良かった点

プロジェクターにして思ったのは、リビングがちょっとした映画館になった事!

これに尽きると思います。最新の有機ELのTVなどに比べると、まだまだ画質では敵いませんが、それなりの画質で、それなりの大きさで、それなりの音質で楽しめる空間になりました。ガッツリと目に入ってくるキレイな画面というわけではなく、映画館のように優しい発色です。

子供が寝静まった後、映画を見る機会が増えたように思います。また、窓の家のオプションで「塗り壁」にした為、クロス張りのように凹凸が殆どありません。そのため、スクリーンは必須ではありません。マニアな方は満足出来ないかもしれませんが、一般的なホームユースでは必要十分だと思います。

下は真っ暗なリビングで、NasneからのTVを視聴している様子。

ちなみに接続方法は、

・住宅アンテナ –> Nasne のアンテナ in へ
・Nasneから 有線LANケーブルで住宅のネットワークに接続
・PS4から有線LANケーブルで住宅のネットワークに接続
・PS4とプロジェクターをHDMIで接続
・PS4の Torne から操作


4K HDR画像だと更に鮮明です。

悪かった点

昼間は全く見れません。

休日の昼間から映画を見たいという場合、全くの役立たずに!

iPadなどの別デバイスで見るしかありません。また、天井に常設になりますので、それなりに景観を損ねます。

-家電
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【空気循環】エアコン1台で家全体を快適にするには、サーキュレーターが便利!【冷暖房】

無印良品の家は、暑い?寒い? 今年も暑い日が続きましたね! 我々は2019年の1月から入居となりましたので、冬の一番寒い時期と、8月の夏の一番暑い時期を過ごしたことになります。 モデルルームの担当さん …

【Blueair】入居から半年。空気清浄機のフィルターはこのくらい汚れます【ブルーエア】

空気清浄機は一度設置したら動かさない 空気清浄機って、一度場所を決めてしまえばその後動かす事の少ない家電だとおもうんです。なので、我々は性能の他に見た目も重視ししました! ダイソンや、カドー、バルミュ …

【brewmatic japan】ユーザ事例として、自宅のENA Micro1 を取り上げて頂きました!【JURA japan】

brewmatic Japanさんに、ユーザ事例として掲載頂きました。 昨年、brewmatic japanさんからinstagramでDMを頂いて、取材がありました。 今後、ユーザ事例としてのコンテ …

【猛暑日】エアコンが故障!施主支給と工務店設置の違い?【故障は突然やってくる】

突然エアコンが壊れた 北東北では一番の猛暑日。Yahooニュースからも「熱中症注意」と「外での運動は原則中止」の連絡がある日に、ウチのエアコンが突然故障しました。 我々は24時間エアコンをつけっぱなし …

【レビュー】EPSONさんからお借りした、”dreamio”シリーズのNEWモデル EH-LS500W。レーザー光源で4K!眩しいくらいの明るさ【プロジェクター】

Roomclipさんのモニター EPSON新型の4Kレーザープロジェクター。「EH-LS500W」をお借りする機会に恵まれました。「RoomClipモニター」での当選で、1ヶ月ほどお借りする機会があり …

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営している mono です。

無印良品の家 || 窓の家 || vol.27
20年住んだ東京から東北にUターン

ほぼ本州最北端。無印良品の家 [ 窓の家 ] で、がんばらない北国生活をしています。

2018年家づくり開始。
2019年引き渡し完了。

無印良品家の事や、住宅を建てるまでの軌跡、インテリアや、UIJターンの事なんかにも触れていきます。このブログが誰かの役に立ちますように。

▶︎ 無印良品の家「窓の家」
▶︎ 田舎暮らし
▶︎ 家や生活、インテリアの記録
▶︎ 2019/01/22 引き渡し